新年あけましておめでとうございます。そして年末は出産でした!

年末は出産でした!

新年あけましておめでとうございます!!
今年の北海道は雪の少ない、のんびりとしたお正月でしたね。

 

f:id:tsubomania:20190115191534j:plain

私ごとですが、昨年の12月中旬に次女が生まれました!

陣痛から6時間半で生まれてくれた次女、ちょうど仕事にも研修にもかぶらないベストなタイミングで生まれてくれて、もうすでに親孝行です。

 

妻も長女の時の、丸一日陣痛に比べると、体力温存できたようで、生んだ後も今回のほうが少しは余裕があり、安心しました。

 

 

二人目ができた時、どちらからともなく夫婦二人で決めたことがあります。

それは長女に「お姉ちゃんなんだから」を言わないことです。

先に生まれたから我慢するというのは親のエゴで、子供には関係のないことだと思います。

長女自身が「お姉ちゃん」を自覚し、それに誇りをもってくれるのは嬉しいですが、親から「強制お姉ちゃん」を押し付けるべきではないと思います。

ただでさえ、妊娠してから長女には我慢してもらうことが増えました。

 f:id:tsubomania:20190115190829j:plain

 

二人目を妊娠してから体のことを考え、長女を抱っこすることは減りました。

お腹が大きくなればなるほど、抱っこはできず、また、出産してすぐも体に負担をかけないよう、立ったままで長女の抱っこはしませんでした。

赤ちゃんと同じように立ってだっこしてほしい

赤ちゃんとおなじ服がきたい

長女はいろいろなことを赤ちゃんと同じようにしてほしいというようになりました。

 

出産で妻が入院していた時も、母親と離れて寝たことがなかった長女は、夜中、声をころして泣いていました。

我慢させないようにはしていましたが、やはり上の子には我慢させてしまいます。

 

 

「赤ちゃんがえり」

思っていた通り、次女が生まれてから、長女は完全に赤ちゃんがえり。
わざとオムツにおしっこしてみたり、普段使わない「よだれかけ」をつけたりしています。

今まで自分が最溺愛されてきたのに、そこに新参者が現れたわけですから、長女にとっては死活問題です。

ポジションを奪われないように必死にアピールしています。

 

私もある意味、少し心配でした。

長女が一番と感じていたからです。同じだけ次女に愛情を注げるか。

 

ですが、日に日に感じています。

 

「愛情は無限。」

尽きることはありません。

 

当たり前ですが、長女と変わらず、

次女も愛しい我が子でした。

 

 

意外だったのが、二人目が生まれてから、長女への愛情がより強くなったことです。

 f:id:tsubomania:20190115191544j:plain

嫉妬したり、我慢したり、葛藤の中で次女のお世話をする長女の姿を見て、かわいくてしょうがないと感じてしまいます。

 

f:id:tsubomania:20190115190912j:plain

「愛情は無限。」です。